メインメニュー
HOMEワインスクール講師が答える資格試験何でもQ&A合格のための知識全般シャンパーニュはどうして泡があるのですか?

ワインスクール講師が答える資格試験何でもQ&A

合格のための知識全般


Question
シャンパーニュはどうして泡があるのですか?
Q-No.000002
2009/08/22 20:49
アイコン
シャンパーニュはどうして泡があるのですか?

Answer
回答一覧
A-No.000242
2011/09/11 11:08
アイコン
シャンパーニュを製造する過程で1次発酵の場合はステンレスタンクまたは木樽で発酵させますと酵母菌がブドウジュースの糖分を食べてアルコールと炭酸ガスを発生させます。
これがアルコールができる基本となりますが、その時通常のスティル(白・赤)ワインは炭酸ガスを逃がして製造するので泡が瓶の中に存在しません。
ところがシャンパーニュの場合は一次発酵でできた白ワインを保存してあるリザーヴワイン、数10種類のベースワインなどを調合し、その後、調合したワインを今度は瓶の中で発酵をさせるのです。シャンパーニュは6気圧ですから、蔗糖を24gと酵母菌を入れますと瓶の中で再発酵してくるのです。当然発酵するわけですから炭酸ガスが瓶の中で発生し、閉じ込められた状態になるので泡が残ることになるのです。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(質問者のみ)
お礼 ご回答者へのお礼を記入します(質問者のみ)
A-No.000003
2009/08/22 20:50
アイコン
ビールも同じことで、醸造過程にできる炭酸ガスを瓶の中に閉じ込めてあるのだ、と理解してください。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(質問者のみ)
お礼 ご回答者へのお礼を記入します(質問者のみ)


ワイン 百一話

絵画に見るワイン 4 

ルノワール(1841-1919) フランス印象派の運動に参加した画家です。豊かで明るい色調で人物描写を得意としました。代表作には『ムーラン・ド・ラ・ギャ...


現役ソムリエのコラム

ソムリエのフランス研修日記 Part2

ソムリエのフランス研修日記 Part2

レストラン サンドランスへ   2008年 6月某日。  パリ・マドレーヌ教会のすぐそばに位置するミシュラン二ツ星のレストラン「サンドラ...


レビューコーナー

酒国漫遊記

酒国漫遊記

【江戸時代の日本酒ヌーボー】江戸時代日本酒を扱う問屋が多く集まった町、初期は平河町や新宿だったといわれています。しかし、中期以降は埋め立てが...


ポイントランキング

順位 ユーザー ポイント