メインメニュー
HOMEワインスクール講師が答える資格試験何でもQ&A合格のための知識全般自然派ワイン

ワインスクール講師が答える資格試験何でもQ&A

合格のための知識全般


Question
自然派ワイン
Q-No.000140
2009/10/30 19:00
アイコン
自然派ワインといわれるものにビオロジックとビオディナミというのがあるのを聞きましたが、どういう違いがあるのでしょうか?

Answer
回答一覧
A-No.000149
2009/11/03 14:03
アイコン
「ビオロジック・ワイン」:よく有機栽培や無農薬栽培のワインという表現がされますが、無農薬で葡萄が栽培され、更にファーティイザー(化学的に合成されたサプリメント肥料:化学肥料)を使用しない生産者が醸したワイン、と定義しています。一般的な特徴として彼等の畑は雑草に覆われ、その肥料には羊糞や鶏糞の自然のコンポストが使用されます。

「ビオディナミ・ワイン」:1924年に現在ポーランドに位置する失われた町コーベルヴィッツで行われた、人智学者のルドルフ・シュタイナーの講義内容に準拠した農法を実践した栽培農家による葡萄から醸されたワインを指します。彼等は自分の畑を取り巻く生態系を最も重んじ、又、月の様相や月の公転面における昇降、太陽における地球の公転面の昇降における地球への気圧や引力、潮力の影響をかんがみた農法となります。月と黄道12宮の関係が話題になる為、占星術っぽく映り、ミステリーさがぬぐえないところもあるようですが、それは月や太陽の昇降時点の観測を後ろ側に控える黄道12宮の位置を引用して表記するからであり、微細な引力の関係を突き詰めると実に奥深いものがありそうです。
更に大きな特徴として彼等は「プレパラート」と呼ばれる様々な調合肥料を使用し、それらは堆肥、水晶、イラクサ、ノコギリソウ等々もちろん自然の産物を土中で発酵させたものです。これらをとても微細な量使用します。

参考になるURL  
追記する 追記を記入します(質問者のみ)
お礼 ご回答者へのお礼を記入します(質問者のみ)


ワイン 百一話

絵画に見るワイン 4 

ルノワール(1841-1919) フランス印象派の運動に参加した画家です。豊かで明るい色調で人物描写を得意としました。代表作には『ムーラン・ド・ラ・ギャ...


現役ソムリエのコラム

ソムリエのフランス研修日記 Part2

ソムリエのフランス研修日記 Part2

レストラン サンドランスへ   2008年 6月某日。  パリ・マドレーヌ教会のすぐそばに位置するミシュラン二ツ星のレストラン「サンドラ...


レビューコーナー

酒国漫遊記

酒国漫遊記

【江戸時代の日本酒ヌーボー】江戸時代日本酒を扱う問屋が多く集まった町、初期は平河町や新宿だったといわれています。しかし、中期以降は埋め立てが...


ポイントランキング

順位 ユーザー ポイント